移住者の声

高坂愛理さん・孝彬さん

愛知県 から移住

愛知県岡崎市で就職後、夫(高岡市出身)の実家へ里帰りした際にきときとライナーを使い、小矢部市を知りました。
弁護士として独立を契機にH27.4に小矢部市に移住。

石動駅から市役所までゴミが落ちてなくて感動!
石動駅から市役所までゴミが落ちてなくて感動!
移住を考えていた時に、名古屋から特急「しらさぎ」で石動駅まで来て、そこから市役所まで歩いた際にゴミが一つも落ちていないことに感動しました。きっと住んでる方が街のことを大切にしているのだろうなと思い、小矢部で暮らすことに夢がふくらみ、小矢部で暮らしてみたいなぁと思いました。
思っていた以上に生活が充実しています。
思っていた以上に生活が充実しています。
子育て支援が充実していて、特に不妊治療に関する助成があると知った時は驚きました。生活環境も特に不便に思うことはないです。愛知県の元上司や友だちにも「富山に移って、とっても元気になったよね」と言われています。
町内にもすぐに打ち解けられました。
移住で知らない土地に入っていくのが特に不安だったのですが、若い方が町内に入ってくれたと町内の方に喜んでいただいて、ありがたかったです。JC(青年会議所)にも参加してイベントなどでもよくしてもらっています。
移住の際にとても良い対応をしていただきました。
移住前に相談しに役所に来た際に、とても対応が良く、すぐに担当の方が出てこられて、いろいろ説明をしていただきました。
小矢部市は挑戦できる街です!
小矢部市は挑戦できる街です!
知り合いゼロから事務所を構え、ある意味人生の大きな転機だったと思います。あたたかい街の方々を始め、子育て支援や仕事も充実していて、新しいことに挑戦しやすい街だと思います!
移住して小矢部市の印象がさらに良くなりました!
移住する前は「富山県って雪が多くて、お魚が美味しい」くらいに思ってましたが、今は、冬の日の地元では「鰤(ブリ)起こし」と言われる雷の大きさなども含め、小矢部での生活は日々驚きが楽しみに変わっています。
近所にある個人のお店が出すふるさと料理がとても美味しくて(特に白子ポン酢が好き)、主人と一緒によく通っています。